歴史ある龍田神社

0
    奈良県の法隆寺を少し東に行くと龍田神社があります。



    聖徳太子は、法隆寺を建てようとしていたときに、白髪の老人に成りすました龍田大明神に出会いました。
    龍田大明神は、「斑鳩の里こそが仏法興隆の地である。私はその守護神となろう」と、聖徳太子に言いました。


    それを聞いた聖徳太子は、この地に法隆寺を立て、さらに法隆寺の鎮守社として龍田神社を作ったと言われています。


    社務所に居た方に聞いたのですが、龍田神社の歴史は1500年ぐらいになると言っていました。
    また、上のような話も踏まえていくと、龍田神社を見る目が、とっても変わっていきます。



    龍田神社



    龍田神社の鳥居です。
    木でできているのですが、形がちょっと変わっているような気がしました。


    写真で見てみると、やはり少し一般的な鳥居とは違うように思いますね。
    でも、そこが格好良く見えるのは、私だけでしょうか??


    奥に見えるのは、拝殿です。


    色々な歴史的な事柄があり、本殿、拝殿などは昔のものは残っていないとの事ですが、昔から伝えられているものが1つだけあるとの事。
    それが何かと言いますと、



    龍田神社2


    このご神木の樫の木です。


    写真ですと、なかなか大きさを感じていただくことは出来ないと思いますが、右に移っている鳥居を基準にその大きさを感じていただければと思います。


    とっても、大きくて立派な樫の木です。
    そんな木よりも、そして人間よりも長く生きているのに、どこか謙虚な感じがしました。


    まさに、気は優しくて、力持ち!!
    この木を見ていると、とっても暖かい感じがしました。



    龍田神社3



    西側には、末社もあります。
    白龍大神・弁財天・恵美須・廣田神社・祇園神社・栗島神社になります。



    また、写真には、撮ってこなかったのですが、龍田神社には天然記念物のソテツの木があります。
    こちらの樹齢は、なんと1200年だそうです。。。


    龍田神社の歴史の古さがわかりますね。


    とても、ゆったりすることの出来た神社でした。



    龍田神社 御朱印


    龍田神社 御朱印


    JUGEMテーマ:神社仏閣

    1

    categories

    profile

    search this site.

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM