Search
ぷろふぃ〜る
かてごり〜
あ〜かいぶ
最近のきじ
りんく
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
ご朱印アトリエ
●熊野本宮大社 熊野本宮大社
●熊野那智大社 熊野那智大社
●下賀茂神社 下賀茂神社
●春日大社 春日大社
          
Sponsored links
     
 

PING送信プラス by SEO対策

スポンサーサイト
2012.05.05 Saturday

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
優しい狛犬と大楠が守る 大麻比古神社 
2011.03.09 Wednesday 23:00
優しい狛犬と大楠が見守る 大麻比古神社 






先に進みますと、すぐに拝殿が見えてきます。


大麻比古神社


注連縄の結界をこえて、進んでいきます。


大麻比古神社


こちらが、大麻比古神社の拝殿になります。


とても、重厚な素晴らしい社殿です。


この境内を含めて、この辺りは、県指定の自然公園になっています。


多くの自然に囲まれた社殿は、とても美しく、そして、癒される社殿でした。





社殿を守る、狛犬君です。


大麻比古神社

大麻比古神社


まるで、帽子をかぶっているような、可愛らしいタイプの狛犬です。


とっても、愛らしい顔をしています。


大麻比古神社の狛犬は、みんな優しい顔をしていますね。






境内を更に奥に進んでいきます。


そうしますと、奥宮の遥拝所が見えてきます。


大麻比古神社


今回は、来るのが遅かったこともあり、奥宮へは行きませんでした。


そのために、この遥拝所で、お祈りをしておきました。






更に先に進んでいきますと、有名な橋が2つ現れます。


1つは、眼鏡橋です。


大麻比古神社


もうひとつは、ドイツ橋です。


大麻比古神社


名前からもわかるかと思いますが、この2つの橋、日本人が作った橋ではないんです。


では、一体誰が作ったかといいますと、実は、ドイツ人が作った橋なんです。


第一次世界大戦のころ、この辺りに坂東捕虜収容所がありました。


この収容所には、ドイツ人が捕虜として連れてこられていました。


日本人は、捕虜のドイツ人に、厳しい対応をとることなく、寛大な処置をとっていたと言われています。


そのお礼にと、帰国することになったドイツ人は、ドイツの優れた土木技術をいかして、この橋を作っていったと言われています。


また、日本で初めて「第九」が演奏されたのも、このドイツからの捕虜の方々の演奏によるものというもの有名な話です。


この2つの橋は、日本人とドイツ人の友情を表す、とても素敵な橋なんです。






さらに、進んでいきますと、ずっと続く坂があります。


大麻比古神社


登っていきますと、


大麻比古神社


丸山稲荷神社があります。


写真が、メッチャ傾いているのが、すごく気になります・・・・。






最後に、拝殿を正面に見て、右手の道を進んでいきますと、奥宮に続く道になっています。


大麻比古神社


奥宮に、続く道です。


ここからは、本格的な山道になりそうです。


神社の方に聞いたのですが、奥宮までは、大体90分ぐらいだそうです。


次に来たときは、ぜひ、訪れてみたいと思いました。






鳥居を守る狛犬です。


大麻比古神社


大麻比古神社






とても優しい雰囲気の大楠が迎えてくれる、大麻比古神社。


ぜひ、お参りくださいませ。




大麻比古神社 御朱印





JUGEMテーマ:神社仏閣
| こまたろう | 大麻比古神社 | - | trackbacks(0) | pookmark |
優しい狛犬と大楠が守る 大麻比古神社 
2011.03.08 Tuesday 23:00
御祭神  大麻比古大神(おおあさひこのおおかみ)
       猿田彦大神(さるたひこのおおかみ)






大麻比古神社(おおあさひこじんじゃ)は、阿波一宮の神社です。


大麻比古神社ホームページ


以前は、阿波の国、淡路の国の総鎮主とされていましたが、現在は、阿波の国の総鎮主となっていいます。


延喜式神名帳では、名神大社に列せられている神社です。







大麻比古神社は、四国八十八か所巡りの1番札所、霊山寺から北に行ったところにあります。


昔は、霊山時の奥の院とされていたとの記述もあり、とても近い距離にあります。


四国の一宮を見ていると、讃岐の国一宮田村神社もそうですが、四国八十八か所巡りのお寺が、すぐ近くにあることがあります。


まさに神仏習合の土地であって、神様と仏様の2つの強い力が働いている、パワースポットのように感じるのは、私だけでしょうか??


そういう意味でも、四国は、とてもミステリアスな雰囲気を感じさせてくれます。






霊山時を北上していくと、まず最初に大鳥居を見ることができます。


大麻比古神社


この大鳥居、本当に大きい鳥居なんです。


霊山寺からも、見ることができるぐらいに大きな鳥居になります。


そして、この大鳥居を守っている狛犬です。


大麻比古神社

大麻比古神社


とって、新しい感じの狛犬ですね。


堂々とした態度で、私たちを迎えてくれます。


まさに、この神社に、誇りを持っているというような感じですね!!






そして、この後、灯篭に囲まれた参道を、歩いていきます。


10分か、15分か、結構歩いたような気がします。


しばらくすると、橋が見えてきます。


大麻比古神社


ここまでくれば、境内はもうすぐです!!


写真を見ていただくとわかるかと思いますが、この日は天候が悪く、しかも、時間も結構遅い時間の参拝になってしまったので、先を急ぎます。






すると、また、鳥居が現れます。


大麻比古神社


大麻比古神社には、多くの駐車場があります。


このすぐ脇も駐車場になっているために、車の方は、ここまで来ることができます。


そのほかにも、第二、第三駐車場もあるみたいで、千台ぐらいはとめられるようです。






さて、鳥居をくぐって先を進みますと、今度は、狛犬が迎えてくれます。


大麻比古神社


大麻比古神社


とっても愛嬌がある狛犬ですね!!


私は、こんな可愛い狛犬は、大好きです。


この写真ですとわかりにくいのですが、この狛犬、石碑を前足で抱えています。


ちょうど、前掛けのあたりに石碑があり、それに前足を掛けているような格好になっています。


この狛犬は、本当に、珍しいと思います。


それと、オマケですが、ふくろうさんもいました。


大麻比古神社


羽ばたいているフクロウって、珍しくないですな??


実は、私、フクロウ大好きなので、このフクロウさんは、結構つぼでした。






さらに、進んでいきますと、この神社で一番インパクトのある、大楠が迎えてくれます。


大麻比古神社


大麻比古神社



いかがでしょうか??


実際に見た迫力と言ったら、それは、本当にすごいものでした。


迫力はあるんですが、とても優しい感じの包み込むような迫力なんですよね。


それなので、このご神木を見ていると、とても優しい気持ちになれるような気がしました。


とても、素晴らしいご神木です。


ちなみに、このご神木、樹齢は約千年と言われており、神霊が宿るご神木として、人々から崇められています。






拝殿は、もうすぐなのですが、長くなってきましたので、続きは次回に。



優しい狛犬と大楠が見守る 大麻比古神社 



JUGEMテーマ:神社仏閣
| こまたろう | 大麻比古神社 | - | trackbacks(0) | pookmark |
←back 1/1 pages next→