日本三大鳥居 自凝島神社

0
    御祭神  伊弉諾尊(いざなぎのみこと)
           伊弉冉尊(いざなみのみこと)






    自凝島神社(おのころ島神社 以下おのころ島神社とする)は、淡路島にある神社です。


    おのころ島神社ホームページ


    古事記・日本書紀によれば、国土創世の時にニ神は天の浮橋にたち、天の沼矛を持って海原をかき回しました。


    その時に、その矛より滴る潮が、おのずと凝り固まって島となりました。


    これが自凝島であると、言われています。


    そして、おのころ島神社がある丘を、国生みの舞台となった自凝島であると伝えています。






    高速を降りてからの道は、若干わかりにくいので、あらかじめ神社のホームページで調べて行ったほうが良いと思います。


    カーナビがついている場合には、カーナビに従っていくと、簡単に行くことができます。


    神社のわきには、かなり大きい駐車場もあり、駐車場の心配は、いらないと思います。






    また、この神社ですが、辺見えみりが、木村祐一と付き合う前に、恋愛成就で行った神社として、一躍有名になった神社でもあります。


    社務所には、辺見えみりが参拝に訪れた時の写真が貼ってありました。






    さて、神社に向かいます。


    まず、神社について、目につくものがこちらです!!



    おのころ島神社


    神社の前にそびえたつ、大鳥居です。


    違う角度からも見てみましょう。



    おのころ島神社


    この鳥居、本当に大きな鳥居なんです。


    それもそのはず、平安神宮、厳島神社と並んで、日本三大鳥居の1つとしても、有名な鳥居なんです。


    いや〜、それにしても、本当に大きな鳥居です。






    三大鳥居をくぐり、先に進んでいきます。


    そうしますとすぐに坂が見えてきます。



    おのころ島神社


    とても、良い雰囲気ですね。


    心地よい気持ちになりながら、坂を登っていきます。






    坂を登るとすぐに、石があるのに気がつきます。


    この石を、セキレイ石と言います。



    おのころ島神社


    このセキレイ石は、つがいのセキレイがこの岩に止まり、2神に「交の道」を教えたとされています。


    セキレイは、もともと仲の良い鳥なんです。


    そんなところからも、古事記・日本書紀は、セキレイについて語っているのかも知れませんね。






    セキレイ石を過ぎると、正面に拝殿が現れます。


    おのころ島神社


    おのころ島神社


    ここで、注意していただきたいのは、この神社には、お参りの順番があるんです。


    まずは、上に出てきました、拝殿にお参りします。


    そのあとは、拝殿の右手にあります、ご神木にお参りします。


    おのころ島神社


    そして、最後に拝殿左手にあります、八百萬神社に参拝します。


    おのころ島神社


    神社の境内にも、参拝の方法が書いてありますので、なるべくでしたら、その順序でお参りしていただければと思います。






    参拝の途中で、絵馬を見つけました。


    おのころ島神社


    まさに、2柱が、国をおのころ島を作っているところでしょうか??


    このような、オリジナルの絵馬って、とっても良いですね!!






    更に進んでいきますと、砂場があります。


    おのころ島神社


    こちらは、安産のお砂所になります。


    おのころ島神社は、恋愛の神様としても有名なのですが、国生みの神様ということもあり、安産祈願にもとても有名な神社になっているんです。


    この場所で、お砂を分けてもらい、身近な場所に置いておけば、きっと元気な赤ちゃんが生まれると思いますよ。


    お近くの方は、ぜひ、お参りに来て見てはいかがでしょうか??





    国生みのという、とても歴史のある神社です。


    ぜひ、お参りくださいませ。






    おのころ島神社 御朱印






    JUGEMテーマ:神社仏閣

    1

    PR

    categories

    profile

    search this site.

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM