萩の産土神 春日神社

0
    御祭神  天児屋根命(あめのこやねのみこと) 
                 武甕槌命(たけみかずちのみこと)
                 姫大神(ひめおおかみ)
                 経津主命(ふつぬしのみこと)
                 磐筒之男命(いわづつのおみこと)






    春日神社は、萩にある神社で、萩の産土神と言われています。


    毛利輝元によって、現在の地に移されて、萩総鎮守として萩の地を守ってきた神社です。


    県内北部でも、随一の古社となっています。






    萩の武家屋敷などが多く残る堀内に、春日神社はあります。


    当日は、雪が降った後で、かなりの寒さでした。


    まずは、正面の一の鳥居です。



    萩 春日神社



    鳥居のすぐ後ろに、神門が見え、さらに拝殿へと続いています。






    拝殿に行く前に、狛犬がいます。


    萩 春日神社


    萩 春日神社


    台座に比べると、狛犬は、量産型の狛犬のように見えました。


    台座には、春日神社らしく、鹿の絵が描いてあります。


    なかなか立派な台座です。






    そして、狛犬を通り過ぎると、拝殿になります。


    萩 春日神社


    こちらの拝殿ですが、安永2年に、毛利重就によって作られた物ということです。


    とても歴史の深い、拝殿になります。


    そして、拝殿の中を見てみますと、なかに狛犬がいました。


    萩 春日神社


    木でできているような、素朴な感じの狛犬です。


    さらに、上を眺めてみると、


    萩 春日神社


    天井には、とても力強い竜の絵が描かれていました。


    だいぶ、薄くなってしまっていますが、それはそれで、歴史を感じることができて、とても良かったと思います。






    春日神社の左手には、摂社があります。


    萩 春日神社



    この神社、阿武神社と言います。


    この神社の額を見てみて、一瞬止まりました。



    萩 春日神社



    なんだか、ハートがちりばめられているような気がしませんか??


    泊まった宿に、「恋愛のことなら春日神社へ」と書いてあったんですが、このことなんでしょうか??


    どっちにしても、恋愛には、とても御利益がありそうですね!!






    さらに、進んで聞きますと、狛犬と、お狐様がいます。


    まずは、狛犬からです。


    萩 春日神社


    萩 春日神社


    これは、なかなか立派な狛犬ですね。


    体つきと言い、顔立ちと言い、とても生き生きとしています。


    ちょっと、鼻が大きいのが、可愛いですね!!


    そして、お狐様になります。


    萩 春日神社


    萩 春日神社


    どちらかと言うと、狐というより、犬に近い感じがする、お狐様ですね。


    でも、尻尾を見てもらえるとわかると思いますが、立派なお狐様です。


    きっと、このタイプのお狐様ですので、歴史が古いものだと思います。


    なかなか、素晴らしい狛犬が続きます。






    そして、狛犬を過ぎますと、拝殿になります。



    萩 春日神社


    狛犬を見てもわかるように、きっと地元の色々な神社を合祀させているんだと思います。


    また、この社の後ろには、石社がありました。


    萩 春日神社


    この社、良く見てみると、扉に毛利家の家紋がついていました。


    萩 春日神社


    きっと、何かしら、毛利家と関わりの深い社なんでしょうね。


    そして、その横には、猿田彦大神を祀っている碑もありました。


    萩 春日神社


    こちらにも、ぜひ、お参りいただければと思います。






    萩の産土神であり、とても古い歴史を持つ春日神社。


    ぜひ、お参りくださいませ。



    JUGEMテーマ:神社仏閣

    1

    PR

    categories

    profile

    search this site.

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM