千葉県館山市にある洲崎神社

0
    御祭神 天比理刀很拭覆△泙里劼蠅里瓩里澆海函






    洲崎神社(すざきじんじゃ)は、千葉県館山市の御手洗山の中腹にある神社です。


    江戸時代には、安房一宮とされていた神社でもあります。


    戦国時代の初めに、太田道灌が洲崎神社の神様を勧請したのが、現在の東京にある神田明神とも言われています。


    御祭神の天比理刀很燭蓮同じく安房一宮を名乗っています安房神社の御祭神の天富命の孫にあたります。


    御祭神を見ても、両神社には、とても深い関係がありそうな感じです。








    フラワーラインを進んでいきますと、洲崎神社の入口付近に看板が出てきます。


    駐車場は、一の鳥居の左側に6〜7台停められる駐車場があります。


    鳥居の前に停めている方もおられました。






    まずは、一の鳥居鳥居です。


    洲崎神社



    後ろに悠々とそびえたつ山は、御手洗山です。


    更に歩いていきますと、立派な随身門があります。


    洲崎神社


    この随身門は、宝永年間に造られたものだと言われています。


    とても立派な随身門です。






    さて、洲崎神社は、御手洗山の中腹にあると書きましたが、下から見てみると、とても長い階段が待ち受けているのが分かります。


    洲崎神社


    綺麗に一直線に上まで上がっていっていますね。


    上には、拝殿が少し見えています。


    階段の手前から上を見上げてみるとこんな感じです。


    洲崎神社


    めっちゃ急です。。。


    拝殿目指して、頑張って上がっていきましょう!!


    坂道を登りながら、休憩を入れるときは、ぜひとも後ろを振り返ってみてください。


    洲崎神社


    こんな感じで、随身門、一の鳥居の先に、海を見ることができます。


    この光景を見ていると、坂を上っている疲れを忘れさせてくれます。






    そして、階段を登り終えますと、すぐ目の前に拝殿が見えます。


    洲崎神社


    洲崎神社


    奥には、御手洗山の頂上が見えて、こちらもとっても綺麗な光景です。


    特に、行ったときは、新緑がとても綺麗なときだったので、御手洗山の緑の綺麗さと言ったら、言葉にできないぐらい綺麗でした。


    海の綺麗さと、山の綺麗さを両方味わえるのですから、とても贅沢な気持ちにさせてくれます。


    拝殿にお参りに行きますと、目の前にあります額に目がいきます。


    洲崎神社


    とても目立つ赤色の額で、「安房国一宮」と記されています。


    そして、洲崎神社の本殿です。


    洲崎神社


    こちらの本殿は、江戸時代の造られたものだと言われています。


    額同様に、とても美しい朱色の建物です。


    また、写真では見ることができませんが、周りに施されている彫刻が、とても綺麗なんです。


    ぜひ、行かれた際は、彫刻も見てみてください。












    境内社をご紹介します。


    本殿の脇にあります、金毘羅社です。


    洲崎神社


    そして、本殿の右手奥にあります、稲荷神社です。


    洲崎神社






    後で調べてみてわかったのですが、一の鳥居から海に向かって歩いて行くと、海岸近くにも鳥居があるようです。


    その事を知らなかったので、行かずに帰ってきてしまったのが、とても悔やまれます。


    またぜひ、機会を見つけて、参拝させていただきたいと思いました。






    海の守り神として、海を見守っている洲崎神社。


    ぜひ、お参りくださいませ。



    JUGEMテーマ:神社仏閣

    1

    PR

    categories

    profile

    search this site.

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM