Search
ぷろふぃ〜る
かてごり〜
あ〜かいぶ
最近のきじ
りんく
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
ご朱印アトリエ
●熊野本宮大社 熊野本宮大社
●熊野那智大社 熊野那智大社
●下賀茂神社 下賀茂神社
●春日大社 春日大社
          
Sponsored links
     
 

PING送信プラス by SEO対策

スポンサーサイト
2012.05.05 Saturday

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
伊賀一宮 敢国神社
2010.01.11 Monday 19:00
主祭神  大彦命(おおびこのみこと)
        少彦名(すくなびこな)
       金山比很(かなやまひこのかみ)




敢国神社(あえくにじんじゃ)は、伊賀一宮の神社です。


「あえくに」と言うのが、少し読みにくいですね。


一度は、織田信長によって、焼かれてしまったのですが、すぐに地元住民たちにより再建された歴史を持っています。


昔から、地元の方に、とても愛されている一宮です。




車で行きますと、名阪国道の一宮インターが、一番の近道になります。


少し分かりにくいですが、きちんと看板が出ているので、看板にしたがっていくと、たどり着くことができます。


大きな駐車場もあるので、車でも安心にお参りしてもらうことができます。




正面の一の鳥居になります。



敢国神社


厳島大社と同じつくりの鳥居です。


そのどっしりとした感じが、敢国神社を感覚的に大きく見せているように感じました。


この鳥居と言い、拝殿まで伸びる参道と言い、とても素晴らしい雰囲気を出しています。
 
 


境内の右手には、桃太朗岩があります。



敢国神社


説明は、写真の説明書を見ると、とても良く分かりますね!!


この神社の向いには、南宮山があります。


元々は、この南宮山の頂上に、神社がありました。


そして、美濃一宮の南宮大社から金山比很燭鬚迎えしました。


その時からこの山を南宮山と言うようになったようです。


この桃太朗岩は、昔の神社の跡の神聖な場所から持ってこられた岩なんですね。




では、拝殿に向かいます。


拝殿に向かう階段の前で、狛犬が迎えてくれます。



敢国神社敢国神社


とても、スッキリとした、凛々しい感じの狛犬ですね。


また、新しい感じはしますが、私は結構好きなタイプの狛犬です!!




狛犬を後にして、拝殿に向かう階段を登っていきます。



敢国神社


とても、立派な社殿が見えてきます。


神社の名前を書いている額が、とても立派であったのを良く覚えています。


拝殿から、本殿を望むことができます。




敢国神社の裏参道には、多くの摂社・末社があります。
 

まず、ご紹介するのは、むずび社です。


この結社は、字の通り「縁結び」の神様です。


結社へ続く参道の鳥居です。


敢国神社


ここから、少し坂を登って行きます。


登りきると、2つの社があるのですが、縁結びの「むずび社」は、奥の社になります。



敢国神社


こちらの建物が、むすび社になります。





そして、さらに行くと、大石社があります。


ここで、特に目を見張ったのが、狛犬です。


とても、珍しい狛犬が居ました。


それは、この狛犬です。



敢国神社敢国神社


しゃちほこの形をしています。


だいぶ劣化が激しいのが、残念です。


劣化する前が、どのようなものがったのか、とても気になり、想像してしまいました。




表参道には、朱色がとても綺麗な社があります。


市杵島姫社です。



敢国神社


全体が、真っ赤なので、とても目を引きます。


市杵島姫(いちきしまひめ)は、宗像三女神の1人で、水の神様です。


こちらの社も、池の中心に立っていました。




とても、広い境内を持っている神社でした。


とても静かで、ゆったりと時間が流れていきます。


ぜひ、お参りくださいませ!!



敢国神社 御朱印


敢国神社


JUGEMテーマ:神社仏閣
| こまたろう | 敢国神社 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
←back 1/1 pages next→