関の氏神 亀山八幡宮

0
    主祭神  応神天皇(おうじんてんのう)
           仲哀天皇(ちゅうあいてんのう)
            神功皇后(じんぐうこうごう)






    亀山八幡宮(かめやまはちまんぐう)は、関門海峡の鎮護の神社として大内氏や毛利氏の信仰を受けてきました。


    下関の総鎮主であり、長門国三宮に列せられています。


    亀山八幡宮ホームページ


    もともとは、宇佐神宮から石清水八幡宮に八幡様を勧誘するときに、


    「この山は清浄な地であるので、しばらく祀ってから先へ進んでほしい」


    と神託を受けたことにより、ここに神社を設けることになりました。


    主祭神の3柱の関係ですが、有名な日本武尊の子供が仲哀天皇。


    仲哀天皇の奥さんが、神功皇后。


    その2人の子供が、応神天皇となっています。






    亀山八幡宮に行きますと、まず目を引くのが、大鳥居です。


    亀山八幡宮


    この大鳥居は、御影石の鳥居としては、日本最大の鳥居です。


    鳥居につけられている額は、なんと3畳もの大きさになります。


    鳥居の額が3畳ですから、この鳥居がどれだけ大きいか想像してもらえると思います。


    本当に、立派な鳥居です!!






    そして、鳥居を抜け参道の階段を上がっていると、途中で狛犬が迎えてくれます!!



    亀山八幡宮亀山八幡宮


    顔の形自体は、薄い顔立ちですね。


    でも、とても優しいオーラが出ています。


    狛犬たちは、


    「坂道頑張って!!」


    と、言っているようでした。






    坂道を上がりきると、向かって左手になにやら色々な物がありそうなので、そちらに行ってみることにしました。


    まずあるのは、亀山砲撃台跡です。


    1863年に長州藩が、米国商船を砲撃事件が起こりました。


    この砲撃こそ、亀山八幡宮のこの場所から撃たれたものと言われています。


    まさに、近代日本の幕開けにつながる第一弾をこの場所から発射したのです!!






    さらに行きますと、ふくの像があります。



    亀山八幡宮


    空を海にたとえて、まるで大海をゆったりと泳いでいるように見えます。


    今は、ゆったりと泳いでいるこのふくですが、このふくにもちょとした歴史があります。


    もともとこのふくの像は、昭和9年に建てられ、地元の人や旅人に親しまれていました。


    しかし、第二次世界大戦がはじまり、金属が不足してくると、このふくの像は金属提供されることになります。


    その後、このふくの像は、地元の方々の有志によって、平成元年に再建されることになったのでした。


    そんな歴史を感じながら見てもらうと、また、違う見方ができるのではないでしょうか??


    ちなみに、山口では「ふぐ」のことを「ふく」と言います。






    そして、その先には、お亀明神があります。


    亀山八幡宮


    この神社のある土地は、昔は島でした。


    江戸時代に、海を埋め立て、陸続きにする工事を行っていました。


    しかし、急流の影響で、工事は難航しました。


    その時、「お亀さん」という女性の方を、人柱になり工事が完成しました。


    その人柱になった、お亀さんの霊を慰めるために作られたのが、このお亀神社になります。






    そして、その向かいに狛犬が居ます。


    亀山八幡宮亀山八幡宮


    左側の狛犬は、母親で背中と胸に1匹づつ子供を抱えています。


    そして、右の狛犬は、写真では見えませんが背中に子供を抱えています。


    家族5人で、仲良く神社を守っています。


    子持ち狛犬は、よくありますが、このように何匹もの子供が居るものは、とても珍しいのではないかと思います。


    この狛犬、作られたのも古く、文久三年(1863年)の物となっています。






    そして、手水舎に向かいます。


    亀山八幡宮


    亀山八幡宮だけに、手水舎も「かめ」ですね!!


    そして、ついに、拝殿に到着です。



    亀山八幡宮


    とても、美しい拝殿です。


    お正月が過ぎたばかりでしたので、地元の方の参拝者で、とても賑わっていました!!


    提灯が付いているのも、この時期だからでしょうね。


    そして、何といっても、御朱印を書いてもらうために、拝殿の中で待っていた時のことです。


    待合室のドアが開いたかと思うと、総理大臣経験もある山口の有名な議員さんが、お祓いを済ませて出てくるではないですか!!


    本当に、ビックリしました!!


    でも、その議員さんや地元の参拝者の方を見て、本当に地元の方から愛されている神社なんだと思いました。


    本当に、素晴らしい神社ですね!!






    あと、この神社の御朱印帳が、とても綺麗で良いですよ!!


    私も、買おうか迷ったのですが、また来る機会があると思うので、今回は買いませんでした。


    でも、御朱印帳を集めている方は、ぜひ、亀山八幡宮の御朱印帳を見てもらいたいと思います。






    境内社になります。



    亀山八幡宮


    左から宮地嶽神社(みやじだけじんじゃ)と、熊鷹稲荷神社になります。






    多くの人々に愛されている神社なので、神様からも、とても温かいものを感じる神社でした。


    とても、素晴らしい神社ですので、ぜひ、お参りくださいませ。



    亀山八幡宮 御朱印


    亀山八幡宮


    JUGEMテーマ:神社仏閣

    1

    PR

    categories

    profile

    search this site.

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM