Search
ぷろふぃ〜る
かてごり〜
あ〜かいぶ
最近のきじ
りんく
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
ご朱印アトリエ
●熊野本宮大社 熊野本宮大社
●熊野那智大社 熊野那智大社
●下賀茂神社 下賀茂神社
●春日大社 春日大社
          
Sponsored links
     
 

PING送信プラス by SEO対策

スポンサーサイト
2012.05.05 Saturday

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
嵐山にある月読神社 
2010.07.20 Tuesday 19:00
主祭神  月読尊(つくよみのみこと)






京都府の嵐山にある、月読神社。


延喜式神名帳では、名神大社に列している、とても位の高い神社です。


元々は、壱岐の神社だったのですが、神託があり、壱岐から勧請してきそうです。


場所は、嵐山の松尾大社と鈴虫寺や苔寺の間ぐらいになります。


ここら辺を、散策される方には、ぜひ、立ち寄っていただきたい神社です。






松尾大社から歩いて5〜10分ぐらいでしょうか??


月読神社の鳥居を発見しました。



月読神社


山間にあり、自然に抱かれ、とても素晴らしい雰囲気を出しています。


自然のパワーが凄いのですが、その中にも、とても落ち着いた感じを感じます。


本当に、素晴らしいです。






鳥居をくぐり奥に進んでいきますと、とても立派な拝殿が現れます。



月読神社


月読神社
(本殿方面から)


境内の広さに比べると、とても大きなものに感じました。


以前、洪水の影響のために、境内が移されたということですので、以前は今以上に広い境内だったのではないかと思います。






手水舎を探していましたら、拝殿の奥に、こんな場所がありました。


月読神社


「解穢の水(かいわいのみず)」と言います。


「解穢」とは、「自己の罪、けがれを除く」と言う意味になります。


やはり、神様の所に行く前には、きちんと身を清めないといけませんよね。


この神水は、山から湧き出ている、霊水です。


早速、私のガーデンクオーツも、浄化していただきました。


お水に数分浸しておくと、ピカピカになり、ブレスもパワーを取り戻したようでした。


しかし、こちらの神水は、飲料には適さないようですので、お気をつけ下さい。





そして、本殿に向かいます。


月読神社


本殿は、拝殿などに比べると大きな物ではありませんが、自然と調和しており、とても存在感があります。


そして、その雰囲気は、霊気が漂い、参拝者を暖かく迎えてくれているような感覚を覚えました。


こちらの主祭神の月読尊と言えば、伊勢神宮の月読宮を思い出します。


江原さんが、伊勢神宮のなかでも「月読宮のパワーは、凄い!!」と言っていたのを思い出しました。


この神社は、主祭神が素晴らしいので、パワーが強いんでしょうね〜。


なんとなく、納得しました。






本殿の左側に行きますと、目に付きます社は、「御船社」です。



月読神社


祀られているのは、天鳥船神で、航海安全・交通安全の神様です。


そして、その横にありますのは、願掛け陰陽石です。



月読神社


こちらは、左右の石を撫でてお願いをすると良いらしいです。


私も、早速左右の石を撫でながらお願い事を・・・・。






そして、本殿の右側に移ります。


まず最初に目にする社は、「聖徳太子社」です。



月読神社


こちらは、聖徳太子が月読尊を敬っていたことから建てられました。


聖徳太子を祀っておりますので、学問関係にご利益があるとのことです。


そして、その横に在るのが、「月延石」と「むずびの木」です。



月読神社


月延石は、別名安産石とも言われております。


この月延石は、神功皇后が、この石を使ってお腹をなでて、安産したと伝えられています。


毎月「戌の日」にご祈祷が行われるのが慣わしとなっています。


詳細は、月読神社のホームページで確認ください。


月延石の横にあります木は、「むずびの木」と言いまして、恋愛成就にご利益があると言われております。






自然に囲まれた、とても静かで、落ち着く神社です。


とてもお勧めな神社ですので、ぜひ、お参りくださいませ。



月読神社 御朱印





JUGEMテーマ:神社仏閣
| こまたろう | 月読神社(嵐山) | - | trackbacks(0) | pookmark |
←back 1/1 pages next→