Search
ぷろふぃ〜る
かてごり〜
あ〜かいぶ
最近のきじ
りんく
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
ご朱印アトリエ
●熊野本宮大社 熊野本宮大社
●熊野那智大社 熊野那智大社
●下賀茂神社 下賀茂神社
●春日大社 春日大社
          
Sponsored links
     
 

PING送信プラス by SEO対策

スポンサーサイト
2012.05.05 Saturday

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
四神獣の御朱印帳と平安神宮
2010.08.08 Sunday 19:00
主祭神  桓武天皇(かんむてんのう)
       孝明天皇(こうめいてんのう)





平安神宮は、明治28年に平安遷都1100年を記念して、大内裏(だいだいり)を復元したことにはじまります。


その後、京都を平安京に移した天皇である桓武天皇と、平安京最後の天皇である孝明天皇の2柱を祀り、平安神宮としました。


平安神宮ホームページ


二十二社のように、天皇から勅旨が使わされる、勅祭社とされています。






京阪電車の三条駅で電車を降りて、歩いて平安神宮に向かいます。


歩いて15分ぐらいで、平安神宮のすぐ側までたどり着きます。


車の方は、平安神宮手前右手に、岡崎公園の駐車場がありますので、そちらに停めるとすぐにお参りができるかと思います。


平安神宮の表参道は、色々なお土産屋さんのほかに、色々と見所があります。


例えば、この建物。


平安神宮


京都市美術館です。


私は、美術に関しては「???」なので、中には入りませんでしたが、建物はとても古い感じの建物で、とても格好良かったです!!


そうかと思えば、道路を挟んで反対側には、近代美術館やみやこメッセなどもあり、楽しませてくれます。


興味のある方は、イベントに合わせてお参りされても良いのではないでしょうか??






この表参道、初めは遠くに大鳥居が見えています。


そして、歩いていくと、大鳥居が近づいてきて、その間に応天門が見えるようになってきます。



平安神宮


鳥居と周りの景色が、次々に変わっていくのが、とても良かったです!!


みやげ物屋さんや美術館などを見ていると、応天門が近づいてきて、上の写真のように綺麗に応天門が見えるところまでやってきます。


ここら辺まで来ると、その景色に少し感動を覚えます。


この表参道、私的には、なかなか好きですね!!







さらに近づいていきましょう!!


平安神宮


応天門に、到着です!!


雲一つ無い晴天の応天門です。


こんな素晴らしい日にこれて、本当にラッキーです!!


とっても綺麗なんですが、とっても熱かったです。(この日の最高気温は33℃)






応天門をくぐりますと、その目の前には、本当に素晴らしい光景が広がっています。



平安神宮


真っ白な砂、絵具でかいたような真っ青な空、そして朱色の大極殿。


真ん中の朱色の大極殿が、空の青さと砂の白さを、一段と引き立てていますね〜。


とても広大な敷地に建っている、平安神宮のスケールの大きさに、見惚れるだけで精一杯でした。


本当に、綺麗な光景でした。


大極殿に行こうとしましたら、よく見ると左右に何かが居るのに気が付きました。


平安神宮


向かって左に居るのは、西の守り神「白虎」です。


因みに、後ろの左手にある大きな建物は、「白虎桜」と言います。


そして、向かって右手を見てみましょう。


平安神宮
 

こちらもおなじみ、東の守り神「青龍」です。


同じように、後ろの右側の大きな建物は、「蒼龍桜」と言います。


四神獣のうちの2つが手水場となって、平安神宮を守っています。


これは、なかなか格好良いですね!!







では、大極殿にお参りに向かいます。


平安神宮


大極殿と蒼龍桜です。


大極殿の中は、撮影禁止になっています。


大極殿からは、内拝殿が見えます。


大極殿の大きさからも分かるように、内拝殿もとても大きなものでした。


とても大きく、優しい感じのする拝殿でした。







平安神宮で忘れてはいけないのが、神苑です。


この神苑は、とても大きくて、見所がいっぱいです。


大極殿の左側に入口があるので、時間のある方は、ぜひ、ご覧下さい!!


まずは、神苑の地図です。


平安神宮


四神獣に見立てて、4つのエリアからなっています。


実際に歩いて見ましたが、結構広かったです。


でも、多くの自然に囲まれていて、本当に気持ち良かったです。


こちらは、「白虎の池」です。


平安神宮


もう少しすると、花菖蒲が見られた用ですが、今回は、残念ながら青々としていました。


そして、下の写真は、蒼龍の池の臥龍の橋です。


平安神宮


こちらの橋は、渡ることができます。


橋を渡っていると、水芭蕉が咲いているのが、よく見えました。


平安神宮


平安神宮



赤や白など、色々な色の水芭蕉が咲いていました。


咲き始めなので、とても生き生きとしていて、生命力にあふれていて、とても綺麗でした!!


最後は、栖鳳池にある、秦平閣です。


平安神宮


池に雄大に浮かんでいるこの秦平閣は、とても優美でした。


秦平閣は、中に入ることも出来ます。


池の中には亀や鯉が泳いでいて、周りを見渡せばとても綺麗な日本庭園。


そして、水面から涼しい風が上がってきて、とても心地よい場所でした。


平安神宮
 

上の写真のように、多くの人が、中でそれぞれの時間を楽しんでいました。


このスポットは、本当にお勧めです!!






最後に、平安神宮で有名なものを、もう一つ紹介したいと思います。


それは、この御朱印帳です。


平安神宮


四神獣に守られて、平安神宮が描かれているこの御朱印帳は、格好良いですよね!!


もちろん、私も購入してきました!!






とっても、スケールの大きな、気持ちの良い神社でした。


ぜひ、お参りくださいませ。



平安神宮 御朱印






JUGEMテーマ:神社仏閣
| こまたろう | 平安神宮 | - | trackbacks(0) | pookmark |
←back 1/1 pages next→