鹿の狛犬 京春日 大原野神社

0
    主祭神  武御賀豆智命(たけみかずちのみこと)
           伊波比主命(いわいぬしのかみ)
           天之子八根命(あめのこやねのみこと)
           比彗膺(ひめおおかみ)




    大原野神社は、長岡京に都が移された際に、藤原氏が氏神様である奈良の春日大社の分霊の勧請を受けて出来た神社です。


    大原野神社ホームページ


    主祭神も、奈良の春日大社と同じ神様が祀られており、神社の位に関しても奈良の春日大社と同じ扱いを受けていました。


    延喜式神名帳には、その名前は確認できませんが、後に二十二社の1つに列しました。






    大原野神社に行くには、バスでの移動になります。


    私は、阪急の桂駅から「臨西2」のバスに乗りました。


    バスは、1時間に一本は出ている感じで、桂駅から大野原神社の最寄のバス停の「南春日町」までは、30分ぐらいです。


    南春日町のバス停から大原野神社までは、標識もありますので迷わずにいけると思います。


    歩いて5分から10分ぐらいになります。


    帰りのバスは、阪急の「東向日駅」行きが1時間に1本の割合であるので、便利だと思います。


    その他のバスは、接続が厳しい感じがしました。


    本当にバスは少ないので、バスの方は、予めバス停で時間を調べてからお参りに行かれるといいと思います。






    昔ながらの商店、町並み、畑を見ながら歩いていきますと、大原野神社の一の鳥居に着きます。



    大原野神社


    鳥居の奥は、階段になっていて、その先は森に包まれています。


    まさに、階段の上の森を抜けると、千と千尋のように別世界が待っているような感じがします。


    とても、ミステリアスな雰囲気を持つ神社です。


    鳥居をくぐり、階段を登っていきます。


    当日は、とても天気が良くて、木々の隙間から多くの光が漏れていました。


    日の光を浴びて、木々が生き生きと緑に輝いていたのが、とても印象的でした。


    この神社の参道は、とても綺麗です。


    階段を上がると、すぐに二の鳥居があります。



    大原野神社


    こちらの鳥居は、通常の鳥居と比べると、柱が黒く感じました。


    石の鳥居ですが、昔は今以上に黒い鳥居だったのでしょうか??






    参道を歩いていきますと、右手に池が見えてきます。


    大原野神社


    奥に見える赤い橋が印象的な、蓮に覆われている大きな池です。


    この池の名前は、鯉沢の池と言います。


    この大原野神社は、奈良の春日大社からできていると言いましたが、この鯉沢の池は、奈良の猿沢の池を模して作られたと言われています。


    猿沢の池も良いですが、この鯉沢の池はも多くの自然に囲まれていて、とても素晴らしいですよ!!


    私が行った時には閉まってましたが、池の畔には茶屋もありますので、ここで和菓子などを頂きながら、池を見ていたら綺麗だろうと思いました。


    茶屋がやっていなくて、本当に残念でした。


    橋を渡りますと、祠があります。


    大原野神社


    鯉沢の池を守る祠でしょうか??


    こちらにもお参りをして、池を後にしました。






    池の周りの見所を、何箇所かご紹介します。


    まず1つ目は、「瀬和井(せがい)の清水」です。


    大原野神社


    こちらは、清和天皇の産湯の清水とも伝えられている、とても由所ある清水なんです。


    昔から、枕詞として、多くの和歌にも詠まれています。


    残念ながら柵で近づけないようになっています。


    それだけ昔から大切にされている清水なんでしょうね。


    そして、もう一つは、池の反対側にある、摂社の若宮社です。


    大原野神社


    祭神は、天忍雲根命(あめのおしくもねのみこと)で、主祭神である天児屋根命の子供と言われています。


    水徳の神様です。


    結構、急な斜面に立っていますよね。


    こちらにも、忘れずにお参りしていただければと思います。






    それでは、先に進みます。


    進んでいきますと、三の鳥居が見えてきます。


    大原野神社


    今までの、2つの石の鳥居とは違って、綺麗な朱色の鳥居です。


    前の2つの鳥居は、どちらかと言うと太くて、どっしりとしていて男性的な雰囲気を感じましたが、こちらの鳥居は、細くて、朱色ですし女性的な感じがします。


    この鳥居、とても優しい雰囲気を出していると思いませんか??


    とても、優しい気分になれたような気がします。


    鳥居をくぐる前に、鳥居の前の手水舎で、身も心も清めましょう。


    大原野神社


    さすがは、京春日と言われるだけあります。


    手水舎も、鹿です(^^;


    しかも、この形、春日大社の手水舎とほぼ同じ形のような・・・・。






    中門に向います。


    大原野神社


    4柱が祀られておりますので、中には本殿が4つあります。


    中門に来る前に気が付いたのですが、中門の前には狛犬がいます。


    大原野神社


    大原野神社
     

    鹿の狛犬です。


    これは、なかなか珍しいですね〜。


    しかも、顔がとても優しい顔をしていますね。


    まさに、この神社の雰囲気にピッタリの狛犬だと思いました。


    左の狛犬には、宝珠が乗っています。


    大原野神社
     

    鹿の狛犬と言うだけで珍しいのに、宝珠まで見ることが出来て、とてもラッキーでした!!





    最後に、中門の右手には、珍しいご神木が立っています。


    大原野神社


    この大きなご神木、何の木だと思いますか??


    実は、この木は、もみの木なんです。


    そうです、クリスマスツリーのもみの木です!!


    もみの木と神社、何か私としては、異色のコラボレーションのような気がしましたが、実際に見てみると、これもありかと思いました(^^;


    ちなみに、樹齢は450年(推定)だそうです。






    山間にある、とても優しい感じであふれている神社です。


    春は桜、秋は紅葉でも、人気があるようです。


    ぜひ、お参りくださいませ。



    大原野神社 御朱印





    JUGEMテーマ:神社仏閣

    1

    categories

    profile

    search this site.

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM