Search
ぷろふぃ〜る
かてごり〜
あ〜かいぶ
最近のきじ
りんく
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
ご朱印アトリエ
●熊野本宮大社 熊野本宮大社
●熊野那智大社 熊野那智大社
●下賀茂神社 下賀茂神社
●春日大社 春日大社
          
Sponsored links
     
 

PING送信プラス by SEO対策

スポンサーサイト
2012.05.05 Saturday

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
宗像三女神を祀る 宗像大社 
2011.02.23 Wednesday 23:00
宗像三女神を祀る 宗像大社 



本殿を後にして、先に進みます。


とても心地の良いパワーに溢れています。


この道を、「鎮守の森の道」と言います。


少し歩いていきますと、ご神木が現れます。


宗像大社


このご神木を、「相生の樫」と言います。


二本の幹から伸びた樫が、仲睦ましく結ばれています。


その姿から、「恋愛成就」、「夫婦円満」に、ご利益があると言われています。


恋愛系のご利益をいただきたい方は、ぜひ!!






相生の樫を左に曲がりますと、大きな社が見えてきます。


こちらは、辺津宮の第二宮と第三宮になります。


第二宮は、沖津宮の田心姫神の分霊を。


第三宮は、中津宮の湍津姫神の分霊をそれぞれ祀っています。


宗像大社

第二宮


宗像大社

第三宮



ここにきて、真っ先に思ったこと。


まるで、伊勢神宮にお参りに来たような気持ちになりました。


建物のつくりといい、雰囲気といい、まるで、お伊勢さんですよね。


それもそのはず、この第二宮、第三宮は、伊勢神宮の第60回御遷宮古材によって再建された唯一神明造の社殿だそうです。


この唯一神明造りは、伊勢神宮の内宮や外宮で採用されているために、その恐れ多さから他の神社では、採用しないことになっています。


この唯一神明造りの社殿にお参りに来られただけでも、とてもありがたい気分になりました。


この尊厳的な雰囲気は、とても素晴らしいものでした。






「高宮への悠久の道」を通り、高宮祭場に向かいます。


宗像大社


本当に、心が穏やかになるような、優しい雰囲気の道を進んでいきます。


坂道が続くのですが、不思議と疲れを感じさせないような気がしました。


きっと、神社のパワーが力をくれているのでしょうね!!


しばらくすると、高宮祭場に到着します。


宗像大社


しかし、ここの木の形、私には不自然に思えました。


まるで、この道をアーチのように囲んでいる木々。


来たときに、不思議な力を感じたような気がしましたが、木々の形を見ても、とても不思議な感じがしました。


正面の建物にでは、無人ですがお守りを売っています。


私も、1つ購入してきて、会社に行くかばんに付けており、いつも宗像大社の神様に守っていただいております。






さて、本題の高宮祭場に行きましょう。


宗像大社


宗像大社


建物などは何もなく、中央に祭壇のようなものが見えます。


ここは、悠遠のいにしえより、この地でお祭りが行われて以来、現在も古式にのっとって続けられている場所です。


パワースポットとしても有名な場所です。


私と一緒に行った人が、同じく写真をとろうとしていたんですが、なんかい撮っても、写真がブレテしまっていました。


高宮祭場の前に立つと、何とも言えない不思議な感覚に陥ります。


ここに来ると、目に見えない何かしらの力があるんだと、感じることが出来るんじゃないかと思います。






宗像三女神を祀る、宗像大社。


本当に、素晴らしい神社です。


ぜひ、お参りくださいませ。



宗像大社 御朱印





JUGEMテーマ:神社仏閣 
| こまたろう | 宗像大社 | - | trackbacks(0) | pookmark |
宗像三女神を祭る 宗像大社 
2011.02.22 Tuesday 11:39
御祭神  田心姫神(たごりひめのかみ)
      湍津姫神(たぎつひめのかみ)
          市杵島姫神(いちきしまひめのかみ)





宗像大社(むなかたたいしゃ)は、宗像三女神が祀られている神社です。


田心姫神が祀られている沖ノ島の沖津宮、湍津姫神が祀られている大島の中津宮、市杵島姫神が祀られている田島の辺津宮の3宮を総称した名称になります。


現在では、田島の辺津宮のことを指して宗像大社と呼ぶことが多いです。


宗像大社ホームページ


全国に7千ある宗像神社、厳島神社の総本社で、全国の弁天様の総本宮としても有名な神社です。


延喜式神名帳では、名神大社に列せられています。







九州自動車道の若宮インターから車で20分ぐらいでしょうか??


宗像大社の建物が見えてきます。


何と言っても、本当に広くて大きな神社です。


最初に行ってびっくりするのは、駐車場の前にある祈願殿です。



宗像大社


この祈願殿、とても大きいんですよ〜。


最初に見たとき、駐車場の前に、一体何があるのかと思ってしまいました。


建物も、狛犬も、とっても大きい!!


そして、この横にはもう1つ、とても大きなものがあります。


何かと言いますと、こちらです。


宗像大社


宗像大社の一の鳥居です。


写真では伝わりにくいんですが、とても大きな鳥居なんです!!


祈願殿と言い、一の鳥居と言い、この立派さを見ただけで、どれだけ多くの人が宗像大社を信仰しているのかが伺えます。


一の鳥居に居る段階から、奥が楽しみでしょうがありません。






奥に進んで行きますと、さらに鳥居が見えてきます。 


宗像大社


ここら辺から、一気に雰囲気が変わってきます。


入口の近代的な雰囲気とは変わり、神社らしい素晴らしい落ち着いた雰囲気に変わってきます。


鳥居をくぐりますと、その先に、池があります。


宗像大社


この池は、「心字池」と言います。


この心字池は、池の形が「心」に似ているということもあると思います。


でも、この池の本当の意味は、この池を渡ることにより、心を清めると言う意味があります。


ぜひ、この池を通りながら、本殿にお参りに行く気持ちになってもらえればと思います。


そして、橋を渡り終えると、手水舎があります。


宗像大社


めっちゃ大きな1枚岩です。


いや〜立派です。


さすが、宗像大社の手水舎です。






さらに進みますと、神門が見えてきます。


宗像大社


奥には、本殿も見えていて、とても神秘的な新門です。


そして、この新門を守っている狛犬です。


宗像大社


宗像大社


ブロンズ製ですが、とても立派な狛犬ですね〜。


体のつくりが、本当に強そうな、生き生きとした狛犬です。


なんだか、耳の形が可愛いですね。






では、神門をくぐって、本殿に向かいます。



宗像大社


宗像大社


辺津宮の本殿になります。


こちらには、市杵島姫神が祀られています。


正面から見た感じも良いんですが、やはり横から見た感じが、良いですよね。


とても雰囲気がありますし、綺麗です。


女性の神様を祀っている社だけあって、女性的な美しさですね!!


ちょっと、絵馬を見てみたら、


宗像大社


めっちゃ可愛くないですか??


宗像三女神が、船に乗っています。


実際に、私は絵馬を書いていないんですが、これは惹かれました。






本殿でのお参りがすみましたら、本殿の周囲を回ってみましょう。


宗像大社


本殿の後ろには、多くの摂社・末社が並んで祀られています。


そんな中、このような珍しい木がありました。


宗像大社


異様に、枝が横に伸びていますよね。


この木は何かと言いますと、「神木楢の木」と言います。


宗像大社の神紋は、楢の葉に実をあしらった紋様です。


その神紋の元になった木と言われています。


樹齢は、550年を超えていて、昔から宗像大社を静かに見守っている御神木です。 






では、長くなってきたので、この先は次回に続きます。



宗像三女神を祀る 宗像大社 



JUGEMテーマ:神社仏閣
| こまたろう | 宗像大社 | - | trackbacks(0) | pookmark |
←back 1/1 pages next→