梅が咲く 北野天満宮

0
    さて、桜門を抜けて境内に入ります。


    境内に入ると、目の前に、少し変った牛がいるのに気がつきます。


    北野天満宮


    なにが変っているのかは、分かりましたよね!!


    そうなんです、目が赤いんです。


    牛は、天満宮の神の使いとされています。


    それなので、北野天満宮の境内には、あちこちに奉納された牛がいます。


    ちなみに、手水舎も、もちろん牛ですよ。


    北野天満宮


    天満宮ですから!!






    ここで、道を少し左側に行きますと三光門が見えてきます。



    北野天満宮


    まっずぐに伸びる参道の先に見える、大きな三光門は、とてもインパクトがあります。


    後ろの拝殿とも重なり合い、とても素晴らしい景色を作り出しています。


    みなさん、この三光門が見えるところで、記念撮影をしていました!!


    また、この三光門の「天満宮」と言う文字は、後西天皇の直筆と言われています。


    三光門を守る狛犬です。


    北野天満宮北野天満宮


    上の狛犬は、立派な角を持っていますね!!


    そして、下の狛犬は、タテガミの感じが変っているなと、思いました。


    最後に、別の角度から、もう一枚どうぞ!!



    北野天満宮






    三光門を抜けると、拝殿になります。



    北野天満宮


    梅の色に合わせて、赤っぽくなっているのでしょうか??


    はじめて見たときに、とても綺麗な拝殿だと思いました。


    屋根の藁葺きの色も淡い色になっており、とても優しい感じを受けます。


    とても、落ち着く空間でした。


    この拝殿は、豊臣秀吉が作らせたといわれており、国宝に指定されています。






    さて、拝殿を後にして、奥に向かいます。


    境内の北には、文子天満宮(あやこてんまんぐう)があります。


    北野天満宮


    こちらの文子とは、多治比文子(たじひあやこ)のことになります。


    その昔、菅原道真公は、京都から追放され大宰府で死を迎えました。


    そのことにより、菅原道真公の祟りと思われる数々の怪現象が起きました。


    その後、菅原道真公の神託を受けて、この地に菅原道真公を祀ったわけですが、その神託を受けた巫女が、この神社に祀られている多治比文子というわけです。






    さらに、北野天満宮には、多くの摂社・末社があります。



    北野天満宮


    北野天満宮の境内は、とても綺麗で、歩いているだけでも、楽しいですよ!!


    北野天満宮






    そんな中、1月の下旬にも関わらず、少しですが梅が咲いていました。


    こんな時期に、梅が見られるとは思っていなかったので、とても嬉しかったです!!


    鳥居と梅です。


    北野天満宮


    そして、灯篭と梅です。


    北野天満宮


    最後に、狛犬と梅です。


    北野天満宮


    この狛犬の表情が、とっても好きなんです!!


    北野天満宮では、多くの狛犬を載せましたが、私の中ではこの狛犬が断トツナンバーワンです!!


    梅の木に囲まれて、とても嬉しそうな顔をしていませんか??


    この写真を見ているだけで、狛犬がどんなに喜んでいるかが伝わってくるので、とっても大好きです!!


    境内で、この狛犬を探してあげてくださいね!!






    北野天満宮は、学問に縁があるといわれています。


    しかし、それ以外で行っても、とても気持ちの良い神社です!!


    ぜひ、お参りくださいませ。



    北野天満宮  御朱印





    JUGEMテーマ:神社仏閣
     

    関連する記事
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    categories

    profile

    search this site.

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM