祇園祭で有名な八坂神社

0
    石鳥居をくぐり、桜門をくぐりますと、まず正面に現れるのは、舞殿です。



    八坂神社


    ちょうちんが、なんか懐かしさを感じさせますね〜。


    今は、立派な灯篭がついている神社が多いじゃないですか??


    そんな中、紙のちょうちんがついている、祇園の舞殿に親しみを感じました。


    そして、舞殿の後ろに本殿があります。


    八坂神社


    この本殿は、実は池の上に建てられているらしいのです。


    本殿の下にある池は、昔から龍穴と言われていたエネルギーが集中する所であったようです。


    境内には、水に関わる場所が多いのですが、それは、このことに関係しているのでしょうか??





    本殿のお参りが終わりましたので、境内を巡ってみたいと思います。


    まず、最初に見つけたのは、祇園の御神水です。


    八坂神社


    私のパワーストーンを浄化してもらったのですが、明らかに他のところと水温が違いました。


    他の水と比べて、暖かいんです。


    きっと、地下に溜まっていた地下水を、汲み上げているんでしょうね。


    先ほどの本殿の池の話と関連つけてみれば、龍穴の池の水が含まれている可能性もあるわけですから、本当にありがたい御神水ですよね。






    そして、その横には、大神宮があります。


    八坂神社


    こちらには、伊勢神宮と同じく、内宮と外宮があります。


    内宮は天照大神、そして、外宮には豊受大御神が祀られています。


    まさか、八坂神社で両神様にお会いできるとは思っていなかったので、とても嬉しかったですね!!


    念入りに、お参りさせていただきました。






    そして、さらに境内を回っていると、面白いものがありました。


    その名も「身も心も美しくなる美容水」。



    八坂神社


    女性の方の列が出来ていました。


    それもそのはず、この美容水がある神社は、「美御前社(うつくしごぜんしゃ)」と言い、宗像三女神が祀られている神社なんです。



    八坂神社


    宗像三女神は、美しくて有名な神様でした。


    それにあやかろうと、祇園の舞妓さんなども訪れるそうです。


    ただし、「美」とは、顔立ちなどの美貌だけではなく、「心の美しさ」や「しぐさ」なども含まれます。


    身も心も、美しくなれるように、お願いしてみては、いかがでしょうか??







    そして、本殿の奥にご神木があります。


    八坂神社


    もしも、この木が実際に折れていないで伸びていたら、どれだけ立派なものだったのだろうと、思いました。


    それほど、大きなものでした。





    そして、最後に刃物神社です。



    八坂神社


    京都は、都がありましたので、文化が栄えていました。


    そんな中、刀などの鍛冶の技術も相当盛んであったようです。


    その名残が、この刀神社です。


    当時の文化がこんなところにも、残っているのですね。


    現在では、刃物の切り裂くイメージから、「未来を切り開く」御利益がいただける神社となっています。






    すぐ側には、丸山公園もあり、とてもリラックスできる神社です。


    せひ、お参りくださいませ。




    八坂神社 御朱印






    JUGEMテーマ:神社仏閣

    関連する記事
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    categories

    profile

    search this site.

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM