学問の神様 太宰府天満宮

0
    御祭神  菅原道真公(すがわらのみちざねこう)






    太宰府天満宮(だざいふてんまんぐう)は、菅原道真公が生涯を終えられた場所になります。


    太宰府天満宮ホームページ


    道真公が、生涯を終えられた後に、御遺骸を牛車に乗せて進んだところ、その牛は伏して動かなくなってしまいました。


    これは、道真公がこの地を離れたくないと言っているのだと考え、今の太宰府天満宮のある所に御遺骸を葬りました。


    後に、ここに墓所と神殿を創建し、御社殿を建立したと言れています。


    これが、太宰府天満宮の始まりと言われています。


    太宰府天満宮、北野天満宮、防府天満宮を三天神と呼び、三天神の一つとしても有名です。







    太宰府天満宮の大駐車場に車を停めて、参拝に向かいます。


    この駐車場は、天満宮までは若干歩くのですが、観光バスなども多く停まっていて、とても大きな駐車場になります。


    天満宮までの道のりには、多くの商店が立ち並んでいます。


    その中で、ぜひ食べてほしいのが、太宰府天満宮名物の「梅ヶ枝餅」です。


    焼きたての梅ヶ枝餅は、本当に美味しいですよ!!


    2~3個は、軽く食べられるので、色々なお店のものを食べ比べてみても面白いかもしれませんね。







    参道を進んでいきますと、商店街の中に鳥居が現れます。



    太宰府天満宮



    この鳥居と梅ヶ枝餅を見ると、「太宰府天満宮に来たな〜」と、しみじみと感じます。


    記憶が定かではないんですが、この鳥居の作られた年代と寄進した人の名前を見たんですが、確か結構古いものだったと思います。


    梅ヶ枝餅を食べたい気分を我慢しながら、先に進みますと、太宰府天満宮に到着します。



    太宰府天満宮


    何気に見逃してしまう人が多いのですが、正面の門は「延寿王院」です。


    これは、太宰府天満宮が安楽寺天満宮と呼ばれていたころの宿坊です。


    明治維新のころには、坂本竜馬、西郷隆盛、高杉晋作、伊藤博文などの著名人がここに来ているんです!!


    明治維新での政策の話が、ここで話し合われたとも言われていたかと思うと、なんだか感慨深いです。





    そして、延寿王院を左手に曲がりますと、もう一つ鳥居を見ることが出来ます。



    太宰府天満宮


    この鳥居をみて、何か気がつきませんか??


    良く見ると、古い部分と新しい部分があるのが、色の違いで分かりませんでしょうか??


    実はこの鳥居、平成4年の台風で、倒木により壊れてしまったんです。


    それを修理したのが、今の形になります。


    そして、実はこの鳥居、今から700年前に作られたと言われている鳥居で、九州で最も古い鳥居といわれています。


    県の指定文化財にもなっています。







    鳥居の後ろには、狛犬がいました!!



    太宰府天満宮


    太宰府天満宮
     

    さすがは、太宰府天満宮の狛犬です。


    体のラインが、とても立派ですし、髪の波打ち具合もとても立派ですね〜。


    本当に、生きているような感じです。







    そして、鳥居をくぐりますと、朱色の綺麗な橋が現れます。



    太宰府天満宮

    この橋は、全部で3つあります。


    この橋は、「現在・過去・未来」を表していると言われています。


    そして、橋の周りにあります池は、「心字池」と言います。



    太宰府天満宮


    この池は、池の名前の通り、漢字の「心」という形をしています。


    橋から見たのでは分かりにくいと思いますが、パンフレットなどで見てみると良く分かると思いますので、ぜひ、確認してみてください!!


    池の話と先ほどの3つの橋を聞いて、何かピンときませんか??


    そうなんです!!


    私たちの「心」であるこの池を、「現在・過去・未来」のことを思い返しながら渡ることにより、三世の邪念を払うわけです。


    要するに、この橋を渡ることにより、心を清めてから参拝をする意味を持っている橋なんです。


    ぜひ、そんな風に考えながら参拝してみてはいかがでしょうか??







    そして、橋の途中には、2つのお社があります。


    私は、渡っている途中に、その1つの「志賀社」に何か感じるものがありました。


    帰ってこのお社を調べてみましたら、境内で最も古い建物だそうです。


    そして何より驚いたのが、祀られている神様です。


    このお社に祀られているのは、綿津見三神(わたつみさんしん)です。


    綿津見三神は、色々とご縁のある神様なんです。


    綿津見三神は、神様カードの中の意味は、


    『海面は荒れていても、海の底に深くもぐっていけば、そこは静かで、ゆったりとうねっています。


    自分の中に深くもぐっていきなさい。』


    という意味です。


    要するに、自分がどのような道に進みたいのか、しっかりと心の声を聞きなさいという意味なんです。


    綿津見三神に、「どう、ちゃんと心の声は聞けた??」と、言われているような気がしました。


    いつも、気にかけていただいて、ありがとうございます!!







    私のお話も入ってしまいましたが、長くなりましたので続きは次回に!!



    JUGEMテーマ:神社仏閣

    スポンサーサイト

    0
      • 2018.04.22 Sunday
      • -
      • 19:00
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      categories

      profile

      search this site.

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM