Search
ぷろふぃ〜る
かてごり〜
あ〜かいぶ
最近のきじ
りんく
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
ご朱印アトリエ
●熊野本宮大社 熊野本宮大社
●熊野那智大社 熊野那智大社
●下賀茂神社 下賀茂神社
●春日大社 春日大社
          
Sponsored links
     
 

PING送信プラス by SEO対策

スポンサーサイト
2012.05.05 Saturday

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
学問の神様 太宰府天満宮
2010.05.07 Friday 19:00
心字池を後にして、先に進みます。


少し歩くと、とても立派な像が見えてきます。



太宰府天満宮
 

左側は麒麟で、右側の2体は鷽鳥(うそどり)です。


鷽鳥は、道真公が海上で遭難した時に先頭に立って道案内をしたとか、太宰府天満宮造営の際押し寄せた大量の蜂を追い払ったなど、言われています。


太宰府天満宮では、神様の使いとされています。


ちなみに、こんなおみくじもあります。



太宰府天満宮


鷽鳥が、模られたおみくじです!!


のほほんとしていて、癒されますね〜。


ちなみに、木の鷽鳥は持って帰ることが出来ますので、お守り代わりにしてみてはいかがでしょうか??







そして、さらに進んで行きますと、手水舎があります。


太宰府天満宮


良く見てみると、亀がいるのがわかりますか??


水の中を亀が泳いでいて、その亀の甲羅から水が湧き出ています。






手水舎の手前まで来れば、もう本殿はすぐそこです!!


手水舎のすぐ手前には、桜門が建っています。



太宰府天満宮
 
 
太宰府天満宮


大きな3つの提灯が、とても印象的ですね!!


この桜門、入口が3つに区切られているますよね。


本来は、参拝者は右か左の所から入るのが良いとされています。


なぜかというと、真中は神様が通る所なので、そこを通るのは恐れ多いというわけなんです。


また、この桜門を守る狛犬がいました。



太宰府天満宮

太宰府天満宮


ちょっと、太い感じの狛犬さんです。


下の阿像の狛犬の笑顔が、とっても素敵ですよね〜。


思わず、私もつられて笑顔になってしまいました。


見ていて、本当に癒される狛犬です。







桜門をくぐると、本殿が目の前に見えます。


その前に、本殿までの途中に狛犬がいました。



太宰府天満宮


太宰府天満宮


看板を括り付けられてしまっていました(笑)


狛犬好きとしては、狛犬ちゃんがちょっとかわいそうな気が・・・・。


以前撮った、吽像を載せておきますね!!






しかし、とても特徴的な狛犬ですよね!!


お互いが、大きな玉に乗っかっている姿は、とても珍しいです。


そして、目が可愛らしいですよね。


ちなみにこの狛犬は、1773年(安永2年)の作だそうです。


見れば見るほど、可愛く見える狛犬です!!


そして、天満宮と言えば、やはり牛ですね!!


太宰府天満宮にも、多くの牛が奉納されています。



太宰府天満宮


みなさんに、いっぱい撫でられているのが、見て分かりますね〜。


頭から、背中にかけて、ツルツルになっています。


私も、それにあやかり、牛さんを撫で撫でしてきました!!







それでは、お待たせしました本殿になります。



太宰府天満宮


とても、美しい本殿ですね!!


五間社流造りで、棟の高い檜皮葺(ひはたぶき)の屋根は流れるように美しい曲線を描いています。


柱などの装飾のとても綺麗に飾り付けられていました。


この本殿の中には、道真公のお墓があります。


お参りするときは、自分のことばかりをお祈りするのではなく、ぜひ、道真公についても感謝の言葉を述べていただければと思います。


裏から、本殿を見てます。



太宰府天満宮


屋根綺麗なのが、改めて分かりますね!!


さて、本殿を守っている狛犬がいます。


太宰府天満宮


太宰府天満宮


なんとも珍しい、大理石の狛犬です。


1852年(寛永5年)の作品と言われています。


この狛犬ちゃん、目がクリクリで可愛くないですか??


そして、真っ白なんです。


純白とか言いますが、その姿から何の穢れもない姿が思い浮かびます。


私は、この狛犬、特に阿像が大好きで、「しろ」と勝手に名づけています。


そして、しろの写真を神社のお札と一緒に祀っていているんです。


しろは、私の守り神になってくれています!!


ぜひ、太宰府天満宮に行った際には、しろに会いに行ってくださいね!!




長くなってので、次回に続きます。


JUGEMテーマ:神社仏閣
| こまたろう | 太宰府天満宮 | - | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
2012.05.05 Saturday 19:00
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Trackback
http://fukufukuro.jugem.jp/trackback/127