芸能の神社で有名な車折神社

0
     
    芸能の神社で有名な車折神社




    中門を右手に進んでいきますと、手水舎が見えますので、まずは、心身を清めましょう。


    手水舎にいきましたら、さて、本殿へお参り・・・・。


    と、普通ならそうなりますよね。


    でも、車折神社では、少々違うんです。


    車折神社には、「清めの社」があります。


    車折神社


    円柱形の砂が、とても特徴的な社です。


    とても尊厳な雰囲気が漂っており、お参りしていると、とても気持ちのいい場所です。


    円柱形の砂と言いますと、上賀茂神社を思い出しますね。


    この清めの社のパワーによって、車折神社の境内は、「悪運、悪因縁が浄化」され、「厄災消除」されていると言われています。


    浄化のパワーがとても強い社なんです。


    まず、お参りにこられましたら、この清めの社に来まして、自分に付いた悪いものを浄化してもらうと良いと思います。


    そして、その後、車折神社の有名なお守りの「祈願神石」が欲しい方は、社務所で頂いた後に社務所に向かいましょう!!






    では、拝殿に向かいましょう!!


    車折神社


    車折神社


    拝殿前の鳥居といい、とても雅な感じがする境内です。


    拝殿前の木は、紅葉でしょうか??


    この景色で、拝殿前の紅葉が真っ赤になったら、本当にキレイなんでしょうね〜。


    拝殿も、シックで綺麗です。


    祈願神石をお持ちの方は、祈願神石を手に持ったまま、こちらでお願い事をお願いすることになります。


    そして、お願い事が叶いましたら、自分の住んでいる場所にある石を持ってきて、そこにお礼を書きまして、拝殿の前にある「お礼の石の納め所」に納めてください。


    車折神社


    このように、お礼の石がいっぱいです。(注意:ここは納め所ではありません)


    皆様の感謝の気持ちが、いっぱい積み上がったこの場所。


    とても、良い気が流れているように感じました。


    やはり、神様も感謝されれば嬉しいんだと思います。


    お願いするだけでなく、感謝の気持ちを忘れないようにしたいですね!!






    拝殿を後にしようと思ったのですが、拝殿の横に狛犬がいるのが気になりました。



    車折神社


    車折神社


    拝殿の両端に、離れてコマちゃんがいます。


    なんとなく、コマちゃんに引き寄せられて、奥まで行ってみると本殿の裏手に、社がありました。



    車折神社


    この社は、八百萬神社(やおよろずじんじゃ)と言います。


    車折神社で祀っている神様以外の全ての神様を祀っています。


    本殿の後ろの場所って、結構重要な場所で、通常は主祭神の親族などが祀られていることが多いですよね。


    そんな重要な場所を祀っている神社に、気がつけて本当にラッキーでした!!






    最後に、裏参道の境内社を1つ紹介させてもらいたいと思います。


    その境内社とは、弁天神社です。



    車折神社


    こちらの神様は、宗像三女神の一人の市杵島姫命です。


    こちらは、右手に水を入れる場所があります。


    この水は、どこから持ってくるのかといいますと、社務所前の手水所になります。



    車折神社


    ここの右の緑のバケツに水を入れて、先ほどの弁天神社の右の所に入れます。


    ぜひ、弁天神社に水を運んであげて下さいね!!


    きっと、感動すると思いますよ!!


    何がって、それは運んでくれた人だけが知っています(笑)


    それと、張り紙にも書いてありますが、バケツは使ったらきちんと元の位置に戻してくださいね。


    そのまま、神様が居られる弁天神社に置いてきたら、神様が見ていますよ〜。







    とても、高貴な雰囲気の漂う、気持ちの良い神社でした。


    嵐山に行かれた際は、ぜひ、お参りくださいませ。



    車折神社  御朱印






    JUGEMテーマ:神社仏閣

    関連する記事
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    categories

    profile

    search this site.

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM