Search
ぷろふぃ〜る
かてごり〜
あ〜かいぶ
最近のきじ
りんく
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
ご朱印アトリエ
●熊野本宮大社 熊野本宮大社
●熊野那智大社 熊野那智大社
●下賀茂神社 下賀茂神社
●春日大社 春日大社
          
Sponsored links
     
 

PING送信プラス by SEO対策

スポンサーサイト
2012.05.05 Saturday

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
霊験豊かな大神神社へ行く 〜狭井神社編
2010.08.25 Wednesday 19:00
霊験豊かな大神神社へ行く〜大神神社編へ



大神神社の祈祷殿から狭井神社までは、歩いて10分かからないぐらいの距離になります。


すぐそばなので、大神神社に来ましたら、ぜひ、一緒にお参りしてください。


その前に、途中にこのような場所があるのに気がつくと思います。


大神神社


ここは、磐座社(いわくらしゃ)になります。


磐座とは、神様が降りる岩のことなんです。


自然崇高が色濃く残る、大神神社ならではの一場面です。


恐れ多くも、外から磐座の写真を撮りました。


大神神社


結構、素通りしていく方が、多いのが残念です。


でも、本当に良い気が流れている場所だと思いますし、大神神社の中でも1、2を争うパワースポットだとも聞きました。


ぜひ、磐座社にも、忘れずにお参りくださいね!!






磐座社から少し歩くと、狭井神社の入口に到着します。


狭井神社


入ってすぐに、見えるのは市杵島姫神社です。


狭井神社


朱色がとっても綺麗な神社ですね。


宗像三女神の一人、市杵島姫を祀っています。


そういえば、大神神社って、朱色の建物が少ないですよね。


こちらにきて、始めて朱色の建物を見たような気がしました。


写真で見て分かるように、大渋滞でした(^^;


とても、人気のある神社です。






さらに進んでいきますと、目的地の狭井神社に到着します。


まずは、狭井神社お約束のショットです!!


狭井神社


狭井神社に来た人は、絶対にこのショットを撮りますが、実際に目で見てもこのショットは、とても神秘的です。


まさに、大自然の中にある神社って感じですよね!!


山からの素晴らしい気を、一身に浴びられるような感じになります。


本当に、素晴らしい神社です。


では、さらに進んでいきましょう。


狭井神社


こちらが、狭井神社の拝殿になります。



主祭神  大神荒魂神(おおみわのあらみたまのかみ)
       大物主神(おおものぬしのかみ) 
             媛蹈鞴五十鈴姫命(ひめたたらいすずひめのみこと)
             勢夜多々良姫命(せやたたらひめのみこと)
             事代主神(ことしろぬしのかみ)



荒魂(あらみたま)を、祀る神社ですね。


荒魂は、自分自身のお願い事をするには、良いと言われています。


ぜひ、大神神社の和魂(にぎみたま)には、自分のお願いではなくもっと大きなお願いを。


そして、狭井神社の荒魂には、自分のお願いをしてみてはいかがでしょうか??






狭井神社の拝殿の左側には、万病に効くと言われている霊泉が湧き出ています。


薬井戸と言います。


狭井神社


このご神水を求めて、ペットボトルをいっぱいもってきている人も多く見かけます。


殺菌処理済のコップなども置いてありますので、是非、ご利益を求めて、御神水を飲んでくださいね。


あと、ご神体登山の終着点の磐座で、このご神水をパワーストーンに浸すと、パワーストーンが浄化されるとも言われていますので、ご興味のある方は、ぜひ、どうぞ!!






ご神水を、ペットボトルにつめて、三輪山への登山に向かいます。


拝殿で、初穂料と住所・氏名を記入します。


そして、登山の際の注意を聞きます。


狭井神社


境内の右側にある、この場所から登山を始めます。


ここから先は、とても神聖な場所なので、写真撮影禁止になっています。


それと、注意してもらいたいのは時間です。


登山の受付は14時までになっています。


そして、16時には、山から下りてこなくてはいけません。


この時間に遅れると、登山が出来ませんのでご注意ください。






ここから先は、写真が無いため、簡単に文章で説明をします。


初めは、川沿いの道を登っていきます。


なだらかな登りで、川のせせらぎを聞きながら、気持ちが良く登っていきます。


まさに、ジブリの「もののけ姫」の世界のような感じで、目を凝らすとそこらじゅうに「コダマ」が居るのが見えるのではないかと思ってしまいます。


その後、三光の滝に到着します。


この三光の滝とは、行場のことです。


こちらでは、現役の行場で、脱衣所も整えられています。


登りの本番は、ここからになります!!


一気に登りがきつくなって、山登りといえるような道になってきます。


しばらく進むと、中津盤座(名前が違うかもしれません・・・・)があります。


数多くの盤座が並んでいて、圧巻です。


ここまで来ると、「頂上までもうすぐなんじゃないか」と、安心してしまうんですよね〜。


現実は、ここで2/3ぐらいですすかね??


まだまだ、辛い山道は続きます。


ここから、奥津盤座まで、かなりしんどかった様な気がします。


あとどれぐらいなのか、先が見えないし、登りはきついし、熱いし・・・・。


もう、鬼の形相で登っていたんだと思います(笑)


全部で1時間ぐらい歩きますと、高宮神社に到着します。


そして、ここから2〜3分で、奥津盤座に到着します。


奥津盤座は、とても静かで、清らかな空気が流れていて、本当に良かったですよ。


この空気を感じたら、登ってきた苦労が、一気に吹っ飛びます!!


ぜひ、みなさまにも、この空気を感じてもらえればと思いました。


往復で2時間ぐらいは見ておいたほうが良いので、時間に余裕を持っていかれることをお勧めします。


写真もなく、つたない説明で申し訳ございません・・・・。






次回は、山辺の道を桧原神社まで歩きます。



霊験豊かな大神神社〜山辺の道編


霊験豊かな大神神社〜大神神社編



JUGEMテーマ:神社仏閣
| こまたろう | 大神神社 | - | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
2012.05.05 Saturday 19:00
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Trackback
http://fukufukuro.jugem.jp/trackback/15