河内一之宮 枚岡神社

0
    御祭神  天児屋根大神(あめのこやねのおおかみ)
           比売大神(ひめおおかみ)
           武甕槌大神(たけみかづちのおおかみ)
           斎主大神(いわいぬしのみこと)




    枚岡神社(ひらおかじんじゃ)は、河内一之宮の神社であり、旧社格は名神大社に列せられている神社です。


    枚岡神社ホームページ


    御祭神の天児屋根大神と比売大神は、春日大社へ分祀されたことより、枚岡神社は元春日とも呼ばれています。


    また、御祭神の武甕槌大神と斎主大神は、後に春日大社から迎えて配祀されたものです。


    枚岡神社は、春日大社と、とても結びつきが強い神社なんです。






    近鉄奈良線の枚岡駅を降りると、目の前に参道が現れます。


    枚岡神社


    左側に、とても立派な石碑が立っています。


    見るからに歴史のありそうな石碑ですね。


    「元春日」と、はっきり書いてあります。


    それでは、参道を進んで行きましょう!!


    枚岡神社


    まずは、注連縄のお出迎えです。


    駅を降りてから、本当に雰囲気のある神社です。


    枚岡神社は、登ったところにありますので、どんどん登っていきます。





    階段を登り終えると、大きな鳥居が迎えてくれます。



    枚岡神社


    森に囲まれていて気持ちが良いのと、鳥居の色がとても特徴的ですね。


    興奮度が、一気に上がっていきます。


    さらに、進んで行きますと、意外な物が現れます。


    枚岡神社


    逆鉾です。


    とても、格好良いですよね〜。


    もう、逆鉾に釘つけです!!


    逆鉾と言うと、坂本竜馬も見たという、高千穂の逆鉾を思い出しますね。


    高千穂の逆鉾は、神様が降りてきた時に、その場所に突き刺したと言われています。


    この逆鉾には、どのような意味があるんでしょうね。


    神社を、悪いものから守ってくれているような気がしますね。






    この逆鉾の右側には、手水舎があります。


    枚岡神社


    間違いなく、鹿に視線は釘付けですよね。


    もうちょっと、アップで見てみましょう!!


    枚岡神社


    さすがは、元春日です。


    神使は、もちろん鹿です。


    しかも、このポーズ、奈良の春日大社と似ていますよね。






    身も心も清めましたので、拝殿に向かいましょう。


    でも、その前に、拝殿に続く階段の下には、またまた、鹿が出迎えてくれます。


    枚岡神社


    枚岡神社


    もちろん、狛犬は、鹿です。


    とても柔らかい感じがして、優しそうですね。


    そんな、鹿さんに見守られながら、階段を上っていくと、登り終わったところに、拝殿がございます。


    枚岡神社


    ここまで、登ってきてしまうと、全景を見ることが出来ないのですが、とても立派な社殿ですね。


    ここから見ると、まるで、大空に向かって飛び立とうとしているように見えます。


    その雄大さに、圧巻です!!






    長くなってきましたので、続きは次回へ


    河内一之宮 枚岡神社△



    JUGEMテーマ:神社仏閣

    スポンサーサイト

    0
      • 2018.04.22 Sunday
      • -
      • 19:00
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      関連する記事
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      categories

      profile

      search this site.

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM