信濃国一之宮 諏訪大社 下社 春宮

0
    御祭神  建御名方命(たけみなかたのみこと)
          八坂刀売命(やさかとめのみこと)
          八重事代主神(やえことしろぬしのみこと)







    諏訪大社には、上社・下社があり、さらにそれぞれに二宮があり、4つの宮からなっています。


    諏訪大社 ホームページ


    諏訪大社の御祭神は、建御名方命は、出雲大社の大国主神の子で、古くから武門武将の神として信仰されてきました。


    源頼朝をはじめ、北条一門、足利尊氏、武田信玄、徳川家康など歴代の将軍、諸侯の大名たちが社領の寄進や神宝の奉納をして、国家の安泰を祈願してきました。


    また、国譲りのくだりでは、武甕槌大神(たけみかづちのかみ)に力比べで負けてしまい、諏訪湖まで逃げるが追い詰められ、二度と諏訪湖からで離れないことを伝え、服従した。


    そのために、神無月には、出雲に神様が集まるが、建御名方命は、例外的にこの地を離れないのです。






    諏訪大社 春宮の駐車場は、春宮に向かう進行方向右手にあります。


    結構広い駐車場なので、普通の日に行く分には、心配なく駐車できると思います。


    春宮に向かう真っ直ぐな道を進んでいきますと、橋が見えてきます。


    諏訪大社 春宮


    とても古そうな橋が、道路の真ん中に立っています。


    この橋を、下馬橋と言います。


    字の通りに、昔は、春宮への参拝時には、この場所で馬や籠を降りないといけませんでした。


    元文年間に改修され、春宮では最も古い建物です。






    更に進んでいきますと、春宮の鳥居が見えてきます。


    諏訪大社 春宮


    鳥居をくぐり進んでいきますと、狛犬君達が迎えてくれます。


    諏訪大社 春宮


    諏訪大社 春宮


    とっても凛々しい狛犬ですね。


    諏訪大社の凛とした雰囲気に、ピッタリの狛犬です。






    さて、狛犬まで紹介してしまったのですが、実は、鳥居の前に手水舎があります。


    諏訪大社 春宮


    道路沿いにある、ちょっと変わった手水舎です。


    とっても趣のある手水舎なのですが、良く見てみると、面白いことに気が付きました。


    神紋を良く見てみてください。


    通常の下社の神紋は、こちらです。


    諏訪大社 春宮


    下のところを見ていただくと分かるように、5つに分かれています。


    そして、こちらの手水舎の神紋を見てみますと、


    諏訪大社 春宮


    下が4つにわれています。


    これは、基本的には、上社の神紋になります。


    上社からゆずり受けたものかなと、思いました。






    それでは、境内に戻りまして、更に先を進みます。


    進んでいきますと、神楽殿が見えます。


    諏訪大社 春宮


    奥には、拝殿も見えており、とても綺麗な風景です。


    さらに、横から見てみましょう。


    諏訪大社 春宮


    拝殿の大きさが分かりますね。






    少し目線を右手に移してみますと、大きな杉の木が見えます。


    諏訪大社 春宮


    この杉の木を、「結びの杉」と言います。


    この杉の木は、先では2股に分かれていますが、根元は1つになっていることより、縁結びに良いと言われています。






    では、拝殿に向かいたいと思います。


    諏訪大社 春宮


    とても立派で、美しい拝殿です。


    こちらの拝殿は、秋宮と同じ設計になっているようです。


    両方見ていただくとわかりますが、まるでうり二つの作りです。





    さて、春宮から歩いてすぐのところに「万治の仏像」があります。


    この万治の仏像は、岡本太郎が発見して、有名になった仏像です。


    歩いてすぐですので、足を延ばしてみたいと思います。


    境内の左側の道を進んでいきます。


    しばらくすると、末社が見えてきます。


    諏訪大社 春宮


    こちらの社も、四方に御柱が立っていますね。


    さらに、進んでいきますと、橋があります。


    諏訪大社 春宮


    橋を渡って、更に進みます。


    川に沿って歩いて行くのですが、このような場所もあります。


    諏訪大社 春宮


    伊勢神宮の五十鈴川を思い出す風景です。


    春宮から歩いて10分ぐらいでしょうか??


    万治の石仏に到着します。


    諏訪大社 春宮


    諏訪大社 春宮


    自然石に頭が乗った、ユニークな石仏ですね。


    愛らしい感じがする仏像ですね。


    参拝の仕方も書いておきますと、


    \橘未念賣蕕靴董屬茲蹐困さまりますように」と心で念じる。


    ∪佇のまわりを願い事を唱えながら時計回りに3周する。


    正面にまわり「よろずおさまりました」と唱えてから一礼する。


    となっております。






    とても静かで、落ち着いた雰囲気の神社です。


    ぜひ、お参りくださいませ。



    諏訪大社 上社 本宮


    諏訪大社 上社 前宮


    諏訪大社 下社 秋宮



    諏訪大社 下社 春宮  御朱印


    諏訪大社


    JUGEMテーマ:神社仏閣
     

    スポンサーサイト

    0
      • 2018.04.22 Sunday
      • -
      • 16:47
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      categories

      profile

      search this site.

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM