つつじの長岡天満宮へ その2

0
    狛犬ちゃんたちに、別れを告げると、すぐに拝殿前の鳥居に到着いたします。


    長岡天満宮8


    右に、しだれ桜が葉桜になってしまっているのが分かるでしょうか??
    もう少し早ければ、きっと綺麗だったのでしょうね〜。


    手水舎に向かい、とてもびっくりしました。



    長岡天満宮9


    龍も、格好良いのですが、石からコケやらシダがはえているのが、とっても良いです。


    実は、私はコケが大好きで、京都の常寂光寺などは、大のおきにいりのスポットなのです。
    それなので、長岡天満宮の手水舎をみて、とても和みました。
    手水舎で、和む人も珍しいですよね(笑)


    さてさて、気分も良いままに拝殿にいきます。


    長岡天満宮12


    朱色がとっても綺麗な拝殿です。
    とても、落ち着いた、暖かい感じが伝わってきます。


    日ごろの事を感謝すると共に、菅原道真候なので、やはりちょっと頭の良くなるお願いも☆


    本殿です。


    長岡天満宮13


    拝殿の朱色とは、反対に、自然の色を生かしたつくりです。


    正面のつつじ、二の鳥居のモミジ、手水舎のコケなど、自然と共にある長岡天満宮には、本殿の色彩は、ピッタリなのではないかと思いました。
    本当に、自然と一体化した、とても良い神社に思えます。


    拝殿前のこまちゃんです。


    長岡天満宮11長岡天満宮10


    先ほどの狛犬が、あまりにも立派過ぎたので、少し見劣りするような気がしますが、とても立派です。
    なにわ狛犬の特徴である、白色の狛犬ですね!!


    神社には珍しく、神社が管理している庭園がありました。


    長岡天満宮15


    写真からも分かるように、瀧も作ってあり、とても立派な庭園です。
    私の好きな、コケも綺麗に生えていました(^^)


    スケッチをしている人たちが何人か居ました。
    表のキリシマつつじもいいですが、この庭園もとっても素晴らしいです!!


    自然が、とっても素晴らしく、温かく迎えてくれる神社でした。



    長岡天満宮 御朱印


    長岡天満宮16


    JUGEMテーマ:神社仏閣

    関連する記事
    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    categories

    profile

    search this site.

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM