玉置神社

0
    では、ついに本殿に向かいます。


    手水舎から階段を上がると、狛犬たちが迎えてくれます。



    玉置神社玉置神社



    とても、とても凛々しい顔をしていますね。


    右のコマちゃんは、怒り方がちょっと怖いような気がしました。。。



    そして、ついに本殿が見えてきます。



    玉置神社



    石垣の上にある本殿は、とても堂々としており、頭上から下界の幸せをお祈りしてくれているように感じました。


    この玉置神社は、国之常立神 (くにのとこたちのかみ)を祀っている数少ない神社の1つなんです。


    国之常立神 (くにのとこたちのかみ)は、神々の起源の神と言われています。


    そのため玉置神社は、その格式の高さから、伊勢神宮の内宮と同じように、自分のお願いをする神社では無いといわれています。


    本殿に手を合わせたのなら、「みんなが幸せになれますように!!」など、自分のことでなく世界の為にお祈りしてください。




    本殿の脇には、大きな杉の木が2本あります。


    「夫婦杉」と「時代杉」です。


    この写真は、樹齢3000年以上と言われている「時代杉」です。



    玉置神社



    どうでしょうか??


    この大きさと、立派さ。


    屋久島の縄文杉も大きかったですが、この時代杉も大きさでは負けていないんじゃないかと思うくらい立派でした!!


    眺めているだけで、パワーをいただけます!!




    次に向かうは、三柱神社です。


    その前に、社務所を通ります。



    玉置神社



    社務所自体が、国宝です!!


    そして、社務所の中には、多くのふすま絵が残されているそうです。


    300円で、多くのふすまを見られるとのことです。


    狩野派を始めとする立派なふすまを身近で見るチャンスはそうないと思いますので、ぜひ、ご覧になってくださいね。




    さて、社務所を通り過ぎ三柱神社に到着しました。


    三柱神社はとは、 倉稲魂神(うかのみたまのかみ)、 天御柱神(あめのみはしらのかみ)、国御柱神(くにのみはしらのかみ)を祀っています。



    玉置神社



    しかし、三柱は「天狐・地狐・人狐」とも言われており、三柱神社は古くから動物霊(キツネつき・ノイローゼなど)を祓う神社としても有名だと言うことです。


    また、三柱神社は、別名稲荷社とも言われており、全国のお稲荷様の発祥の地とも言われています。




    三柱神社のお参りが終わりましたら、そのまま横の道を頂上に向かって歩いていきます。


    これまでは、トレッキングと言う感じでしたが、ここからは少し山道になります。


    出来れば運動靴ぐらいははいてくることをお勧めします。


    登り道の途中に「玉石社」があります。



    玉置神社



    真ん中の白くない石が御神体となっております。


    この石は、地上に出ている大きさはそれほど大きくないのですが、地下部分は相当大きいと追われております。


    その昔、神武東征の際に、熊野に上陸した一行は八咫烏に先導されこの地に着きました。


    その時、神武天皇は、この石の上に神宝を置いて勝利を祈ったと伝えられています。


    とても歴史深い御神体なんです。




    そして、「玉石社」すぐ上にあるのが、玉置神社の由来となったとの説もある、「三石社」です。


    三つの石が並べられています。



    玉置神社





    ここまでくれば、頂上はもうすぐです。


    最後が、一番急になるので、頑張ってください!!


    頂上にたどり着く頃には、もう汗べとべとです(^^;



    玉置神社



    しかし、頂上は、とても素晴らしい山並みと頂上に登った達成感を味合わせてくれます。


    せひ、頂上まで行ってみてくださいね!!



    玉置神社 御朱印


    玉置神社


    JUGEMテーマ:神社仏閣 


    関連する記事
    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    categories

    profile

    search this site.

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM