Search
ぷろふぃ〜る
かてごり〜
あ〜かいぶ
最近のきじ
りんく
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
ご朱印アトリエ
●熊野本宮大社 熊野本宮大社
●熊野那智大社 熊野那智大社
●下賀茂神社 下賀茂神社
●春日大社 春日大社
          
Sponsored links
     
 

PING送信プラス by SEO対策

スポンサーサイト
2012.05.05 Saturday

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
元伊勢籠神社 三社巡り
2009.09.01 Tuesday 19:00
主祭神  彦火明命(ひこほあかりのみこと)
       天照大神(あまてらすおおみかみ)
       豊受大神(とようけのおおかみ)
        海神(わたつみのかみ)



元伊勢三社巡り ‥袈粁神社はこちら




天橋立を歩くこと20分ぐらい、やっと対岸に着きます。


ここまで付けば、目的地の元伊勢籠神社は、もうすぐです!!


元伊勢籠神社ホームページ




さて、元伊勢籠神社の正面です。



元伊勢籠神社



本当に、立派ですね!!


この立派なたたずまいをみて、しばし呆然としていました。


まだ、人がそんなに多くない時間だったので、ゆっくりとボーとすることが出来ました。




鳥居をくぐるとすぐに狛犬がおります。


元伊勢籠神社元伊勢籠神社


この狛犬は、鎌倉時代の作品だと言われています。


この狛犬は、余りの出来の良さ故に、魂を持ってしまいました。


そして、夜な夜な元伊勢籠神社から抜け出し、天橋立に行き、元伊勢参りの参拝客を驚かせていました。


たまたま、親の仇討ちの為に潜んでいた石見重太郎は、鎮霊を決意して一晩待っていると、音がしました。


その方向に刀を振ったところ、前足が切れて、それ以来出現がやんだといわれています。


そして、それ以来は、元伊勢籠神社を長年守っているとの事です。




確かに、コマちゃんの足、切れていますね(笑)


通常の狛犬と違い、足も胴もしっかりと、ずっしりとしていますが、それはそれで、とてもバランスが良く見えます。


さすが、狛犬の最高傑作といわれる狛犬です!!




じっくりと、コマちゃんを見た後は、拝殿に向かいます。



元伊勢籠神社



とても、立派な拝殿ですね!!


この神社では、自分や祖先が前世や過去に傷つけてきた、全ての痛みを癒してくれます。


そして、それらの因果を浄化してくれます。


前の天橋立神社で、「本当の自分」になれたと思いますので、素直な気持ちで過去と対峙してみてください。



元伊勢籠神社



拝殿の横には、摂社・末社があります。


一番右の天照大神を祀ったものだけが、社の形が明らかに違いますね。


明神造りに近いですかね??


出来ましたら、本殿・拝殿から近いほうから、全てお参りしてくださいね!!




真名井神社に抜ける出口のほうにも狛犬が居ました。


これもなかなか立派でしたよ!!


元伊勢籠神社元伊勢籠神社



どうでしょうか??


今にも動き出しそうな、とても、荒々しい動き。


こちらのコマちゃんもとても、大好きになりました!!




最後に、本殿です。



元伊勢籠神社


五色の「座玉(すえだま)」が見えます。


少し解説をしておくと、この元伊勢籠神社は、伊勢神宮が出来る前に、天照大神(今の内宮に祀られている)と豊受大神(今の外宮に祀られている)が、祀られていた神社です。


ものすごく、歴史があり、格式の高い神社なんです。


伊勢神宮は、「明神造り」という形で本殿・拝殿が立てれれて居ます。


この明神造りは、とても格式の高い建物の造りの為、日本でも数えるぐらいの神社しか明神造りで建物を建てることが出来ないんです。


そして、伊勢神宮以外の明神造り出作られているのが、この元伊勢籠神社なのです。




さて、次回は、さらにすごい真名井神社に向かいます。


JUGEMテーマ:神社仏閣
| こまたろう | 元伊勢三社めぐり | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
2012.05.05 Saturday 19:00
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://fukufukuro.jugem.jp/trackback/60