出雲大神宮 その2

0
    それでは、拝殿に向かいます。


    出雲大神宮


    出雲大神宮


    前回、紹介しました狛犬たちが、しっかりと拝殿と本殿を守っています。


    周りを山々に囲まれて、とても気持ちの良い境内になります。


    なんと言っても、これらの木々の緑と拝殿の茶色のコントラストが、とても美しいです。


    茶色といっても、色々な茶色があると思います。


    出雲大神宮のこの茶色は、とても深みがあり、木々の緑とマッチする色だと思いました。


    ちなみに、これらの社殿は、足利尊氏が改修したと言われています。


    今では、重要文化財に指定されています。




    拝殿のお参りが済みましたら、ぜひ、境内の森の中も散策してみてください。


    出雲大神宮の境内の森には、多くの摂社と聖石があります。


    入口にも、夫婦石があったかと思うのですが、それ以外にも多くの聖石があり、パワーをもらえます。




    まずは、本殿の裏手に行ってみてください。


    出雲大神宮



    拝殿からは、想像ができない真っ赤な本殿が見られます。


    今までが、落ち着いた色が多かったので、この朱色はとても印象に残りました。


    そして、さらに進むと、境内でも一番大きい磐座があります。


    出雲大神宮
     
     

    大きさは2メートルぐらいはあるでしょうか。


    とても大きな磐座です。


    本殿のちょうど真裏と言う位置にあるのも、とても神秘的です。


    そういえば、出雲大社も本殿の裏にとても強いパワーを持つ素鷲社がありますが、位置といいその関係ともとても似ていますね。


    そして、見ることは出来ませんが、この磐座の上には、古墳があるということです。


    ご神体の山とと言い、この磐座と言い、自然信仰が強い神社です。


    私は、奈良に住んでいたとき良く行った大神神社と言い、自然信仰が強い神社は大好きなので、この神社はとても好きになりました!!




    磐座と反対側には、御影滝があります。


    出雲大神宮


    本当に、空気が澄んでいて、水が奏でるマイナスイオンに癒されます。


    大きくはないですが、とっても綺麗でした。


    最後に上社です。


    出雲大神宮


    この上社は、建物的には、新しく感じました。


    本当は、この上にも磐座があるようなのですが、私が行ったときは、これ以上上にはいけませんでした。


    ちょっと残念ですが、また、この神社にお参りに来る口実が出来たので良かったと思います。


    自然の中で、とても優しい空気で包んでくれる、優しい神社です。


    ぜひ、出雲大神宮にお参りくださいませ!!



    出雲大神宮 御朱印


    出雲大神宮


    JUGEMテーマ:神社仏閣
     

    関連する記事
    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    categories

    profile

    search this site.

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM