三大住吉の一つ 下関の住吉神社

0
    続きに入る前に、簡単に住吉神社のお話を少ししたいと思います。


    その昔、神宮皇后が三韓討伐に向かう際に、住吉の大神が現れ


    「吾和魂(にぎみたま)は玉身(みみ)の寿命(みいのち)を守り、荒魂(あらみたま)は軍船を導かん」


    と言われました。


    それにより、大神を守り神として進軍したら、交戦することなく勝利できました。


    この御神恩に感謝し、神宮皇后はこの地に祠を建てて、住吉の大神の荒魂を祭ったのが、住吉神社の始まりと言われています。






    では、桜門から境内に入っていきます。


    境内に入ると、まず正面に拝殿が現れます。



    住吉神社


    こちらの拝殿ですが、毛利元就が寄進したものと伝えられています。


    そのことからも、どれだけ住吉神社が、地元の信仰を集めていたのかが分かります。






    そして、この拝殿の額に注目してみてください。



    住吉神社


    一番上でも書きましたが、こちらには住吉大神の「荒魂」が祀られています。


    荒魂と言うのは、活発に活動する荒々しい魂のことを言います。


    それなので、新しい事象や物体を生み出すエネルギーを秘めていると言われています。


    伊勢神宮などでも、「天照大神の和魂には自分のお願い事などは言わずに、自分のお願い事は荒魂にしてください」とも、よく言われます。


    そこからも、荒魂への自分自身へのお願い事は、大きなパワーを生み出すのではないかと思います。






    拝殿の後ろには、本殿があります。


    本殿は、5つの一間社を合の間とともに一列に連ねた九間社流造で、大内弘世の再建と言われています。


    再建された時代は、1370年と言われており、国宝となっています。



    住吉神社


    私の写真では、5社分写っていないのですが、これが5社分連なっております。


    その姿は、本当に美しいです。


    神社でいただいたパンフレットの写真は、本殿と拝殿が、見事な位置関係で写っており、言葉には言い表せないほど綺麗です。


    これは、ぜひ、実際に行って、ご覧になってほしいと思います。
     
     
     
     
     

    東門から出ると、末社と稲荷社がありました。



    住吉神社

    こちらは、末社の写真になります。


    鳥居が、とても小さかったです。


    でも、昔の人は、今の人ほど背は高くなかっただろうから、これでも良い大きさだったのではと思いながら、鳥居をくぐってみました。


    さらに先に行くと、住吉神社の3殿に祀られている武内宿禰(たけうちのすくね)が、三韓討伐の際手植えしたとされる大楠があります。



    住吉神社


    住吉神社


    この楠は、本当に立派です。


    下から眺めているだけで、とても大きなパワーを感じました。


    本当に優しい気に包まれて、とても気持ち良かったのを覚えています。


    写真を見ていても、とても癒されますね。


    ただ、最近、木々を触る人が居ます。


    多くの人が木々に触れると、木々が駄目になってしまいます。


    伊勢神宮でも、人から木を守るために、木の周りにプロテクターをつけるようになりました。


    とても、悲しいことです。


    こちらの大楠にも、触れないようにしてもらえればと思います。


    触れなくても、その素晴らしい気は感じられるはずです。






    住吉神社、とても素晴らしい神社です。


    高速のインターからも遠くないので、ぜひ、お参りしてみてください!!



    住吉神社 御朱印


    住吉神社


    JUGEMテーマ:神社仏閣 

    関連する記事
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    categories

    profile

    search this site.

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM